人生の大切なシーンに
携わるプロとして、
カップルが自信を持って
進んでいけるようにサポート。

浅野 久美

ゼクシィ相談カウンター
ブライダルアドバイザー

コミュニケーションを
丁寧に行う中で気づいた、
おふたりの本当の想い。

ご両親に結婚を反対されているというカップルを担当した時のこと。「ふたりだけで式を挙げようと思っている」と伺ったのですが、おふたりの希望や結婚しようと思った理由、取り巻く人達との人間関係をじっくりヒアリングするうちに、親子関係が本当は良いこと、また、本音では祝福されたいという、おふたりの想いに気づきました。
おふたりにずっと寄り添ってきた自分だからこそできることは何かをとことん考えた結果、「おふたりの結婚式にご両親も出席した方がいい。そうでないと、おふたりもご両親も一生後悔する。」そう心から思い、仲むつまじい様子や親思いのおふたりのことを、心を込めて便箋に書き綴り、ご両親にお手紙をお送りしたのです。

1組1組に合わせた
幸せの
カタチを考えられる。
それがプロの責任。

ご両親に想いは伝わり、おふたりはご家族に祝福される結婚式を挙げることができました。「やり過ぎでは?」という見方もあるかも知れません。でも、このカップルには考えに考え抜いて、一歩踏み込んだ提案をするのがベストだと思えたのです。
1組ずつ結婚式が異なるように、私達のサポートも1組として同じにはなりません。踏み込む時、一歩ひく時。それを正しく見極めることができるよう、1人で考え込まず、仲間のフラットな意見は常に聞くようにしています。また、結婚式場のご担当者と密に連携を取ったり、時には気になる会場の見学に行ったり、日々進化しているブライダルマーケットの情報は積極的にキャッチしています。
関わる全ての人とのつながりを大切にしながら、全力でカップルの幸せをサポートしています。

MY HAPPINESS

あなたのお客様は、私のお客様。
1組1組に対して社員全員でサポートしあう。

お客様に全力で寄り添うことができるのは、職場の皆の協力があるから。誰もが「どのお客様も私達、皆のお客様」という想いで、1組1組に対して全力でサポートしあっています。頻繁にお客様の状況を共有しあい、意見交換も行います。これがあるから、1組1組にベストな対応ができるのだと思います。数年前から働くママも増えてきました。皆で助けあう職場なら、この先結婚して出産しても安心して働き続けられます。

  • RECRUIT

    リクルートゼクシィなびでは、
    〜幸せな結婚を増やす〜
    「Connect Your Happiness.」に
    共感する仲間を募集しています。

    詳しくはこちら
PAGE TOP

このサイトはスマートフォンの
画面を立ててご覧ください。